〒116-0002 東京都荒川区荒川5-31-20

荒川区・町屋・新三河島・接骨院・整骨院・交通事故・むちうち・腰痛・訪問マッサージ

野球肘

HOMEENGLISH当院のご案内施術案内超音波診断装置

contents

 














書籍
ひよこクラブ



書籍
出産準備



mobile site

HOME»  症例別»  野球肘

野球肘について

野球肘、野球肩、リトルリーガーエルボー、リトルリーガー肘、テニス肘、ゴルフ肘、スイマーズショルダーなどとスポーツ種目の名前のついた障害はたくさんあります。一般の方々はこういった言葉は疾患名だと思っているのではないでしょうか。これは総称名であって学術的な診断名ではありません。野球肘は野球で起こった肘の外傷と障害すべてを含む総称名なのです。
主に野球肘=上腕骨内側上顆炎といわれています。

                          
 子どもと大人では関節の大きさだけでなく、筋肉や腱の強さ、骨や軟骨の状態も異なり、診断方法や対応が違ってきます。骨端とよばれる成長軟骨が力学的に弱い部位であるため、この骨端の外傷や障害が多くなります。骨化の完了した成人期では力学的に弱い部位が靱帯などの軟部組織になります。そのための成人期では骨軟骨傷害に加えて、靱帯や筋腱の外傷、障害が増えます。






野球肘の分類
野球肘は名前のごとく、野球によるスローイング動作、特に成長期の投手に多く発生し、投球側の肘の①内側、②外側、③後方に発生する投球時の疼痛が主症状であるスポーツ障害です。

① 内側型
肘の内側部が投球動作時に回内屈曲筋によって牽引力が加わり、回内筋群や内側側副靱帯、尺骨神経が伸展(伸ばす)され、損傷が発生します。
重症例では上腕骨内側上顆が剥離骨折を起こすこともあります。
内側側副靭帯損傷・内側上顆骨端線離開・内側上顆裂離骨折・尺骨神経炎・尺骨神経亜脱臼・滑車部離断性骨軟骨炎・内側部疲労骨折・内側上顆炎等

                                             
 


② 外側型
上腕骨小頭や橈骨頭に圧迫力が加わり、骨の壊死〈えし〉、欠損、遊離体などの離断性骨軟骨炎が発生します。
「離断性骨軟骨炎」のために肘の曲げ伸ばしに制限をきたしてスポーツ活動や日常生活に支障をきたす 少年少女が後を絶ちません。
この「離断性骨軟骨炎」は11歳前後の子どもに好発し、発症の初期は痛みなどの症状はありません。癌などと同じで気づいた時には進行し、手術が必要となります。
症状のない初期に発見すれば、手術をせずに高い確率で治癒します。
小頭離断性骨軟骨炎・橈骨頭離断性骨軟骨炎・後外側滑膜ひだ障害

                                             


③ 後方型
   減速期に肘伸展位で、尺骨肘頭に牽引力が加わり剥離や疲労骨折・骨端線離開などがおこります
肘頭骨端離開・肘頭疲労骨折・後方ひだ障害・後方衝突障害・三頭筋炎

 

症状

内側型
明らかな肘内側の圧痛、腫張、投球時の肘痛、肘の可動域制限、小指側のしびれ感が出現します。

外側型
肘外側の疼痛に加え、ロッキング症状を呈することがあります。
*痛みが出ないことも多くあります。

後方型
肘後方の圧痛、投球時痛、ロッキング症状を呈します。

【原因】

  1. ■ 背中やワキの筋肉の柔軟性の低下。
  2. ■ 股関節を中心に下半身の柔軟性の低下。
  3. ■ 腕の筋肉の柔軟性の低下。
  4. ■ 下半身の筋力不足。
  5. ■ 肩周りの筋力不足。
  6. ■ 体幹の不安定性。
  7. ■ 投球フォーム。

など、様々な原因があげられます。

当院では

徒手検査・超音波診断装置(エコー検査)により状態を確実に把握します。

施術プログラム作成

  1. ・ 前腕の柔軟性改善、筋力トレーニング
  2. ・ 体幹、股関節可動域拡大
  3. ・ 下肢機能改善
  4. ・ フォーム改善(肘下がり他)
  5. ・ 電療

超音波治療器の活用(上原投手も使用しています。)

症状が中々改善しない肘の痛み、投球時痛など一度ご相談下さい。

当院では野球肘検診を行っております。

検診の必要性
普通一般の病気やケガは熱や痛みなどの異常を感じてから病院に行けば十分です。ガンなどの病気は異常に気付いてからでは手遅れの場合があります。離断性骨軟骨炎もガンと同じように発生初期は症状に乏しく、痛みや可動域制限が出た時は進行していることが多いのです。初期の約半数はまったく痛みや腫れなどの症状がありません。発生に気付かずにスポーツ活動を続けていると、1、2年して症状がはっきりしてきます。
また発生初期は病変が小さいので検査の仕方によっては診断されなかったり、見落としたりすることがあります。将来のあるお子さんのためにも、検診や診察を受けてはいかがでしょうか

検診と保険診療の違い
障害をみつけるのは検診でも保険診療でも変わりはありません。我が国の医療制度では、痛みや関節の曲げ伸ばしに差がある等の症状があれば健康保険での診療となります。しかし、原因が無く症状も無い場合には健康保険は適応できないルールになっています。そのために検診を行っています。
例えば異常のない人にレントゲン写真を撮るのは被爆を考えると好ましくなく、MRIを自費で行えば3万円以上の費用がかかります。そのために当院の肘検診では被爆が無く、安価で、精度の高い検査としてエコー検査を採用しました。
検診の目的は「早期の離断性骨軟骨炎をみつけること」です。
第二の目的は内側上顆障害などの他の肘の障害の発見です。
その他にも肩や膝、腰、足などの障害についても問診をして、必要に応じて診察します。

対象となる年齢、検診を受ける頻度
離断性骨軟骨炎は11歳前後に一定の割合で発生することがわかっています。以前は外傷によって発生すると考えられていましたが、まったくスポーツをしていない子どもに発生したり、兄弟内で発生したりすることが報告され、発生には内因が強く関与することがわかってきました。「我が子に限って…」と楽観せずに、自覚症状や他覚所見がなくても検診を受けていただくことをお勧めします。
初発年齢は9歳から12歳で、好発年齢は11歳前後です。保存的治療で完治できる状態で発見するためには、9歳から12歳は検診を毎月受けることが理想的です。13歳以降で上腕骨小頭の骨化が完了すると、離断性骨軟骨炎は新たに発生することはありません。この年齢からは内側や後方などの別の部位が障害されるようになります。

検診をお勧めするのは以下のような方々です。

  1. ■ これまでに肘の痛みがあった
  2. ■ 連投の経験がある
  3. ■ 曲げ伸ばしで左右差がある
  4. ■ 肘の外側が腫れて突出している
  5. ■ 兄弟が離断性骨軟骨炎と診断された
  6. ■ 投手や捕手経験がある
  7. ■ 野球をしている
  8.  


  9. a: 肘に痛みがある
      =(保険診療)
    b: 定期的に野球肘に気を付けたい
      =(保険外診療=検診)

←こちらをクリック

診療案内

交通事故 スポーツ診療
訪問診療 一般診療
骨盤・O脚矯正 保険外(実費)診療

 

PAGE TOP