〒116-0002 東京都荒川区荒川5-31-20

荒川区・町屋・新三河島・接骨院・整骨院・交通事故・むちうち・腰痛・訪問マッサージ

シンスプリント

HOMEENGLISH当院のご案内施術案内超音波診断装置

contents

 



mobile site

HOME»  症例別»  シンスプリント

シンスプリントとは

 

ランニングやジャンプの繰り返しや足関節の底背屈を繰り返した時に生じる下肢の痛みを主な症状とする症候群に対して用いられます。
以前はシンスプリントは使いすぎ(overuse)によって生じる様々な下肢の疼痛性障害の総称として用いられ、脛骨の疲労骨折やコンパートメント症候群等も含まれていました。
しかし、現在は下腿筋・腱の炎症性障害に対して用いられ『脛骨疲労性骨膜炎』と訳されます。
典型的なのが下腿前内側中下1/3の部分に圧痛が認められるものです。
(posterior shin splints)
これ以外にも下腿外側縁に圧痛が認められものもあります。
(anterior shin splints)

発生のメカニズム

 

①posterior shin splints
ランニングの際、接地時に足関節が強く回内する走り方だとヒラメ筋や後脛骨筋の付着部に牽引力が加わり疼痛が生じる。
硬いグラウンドでのランニングやジャンプ等を過度に行うと筋・腱にけん引ストレスが加わる。

②anterior shin splints
ランニング時、踵が接地する際足関節の背屈筋の過度の牽引による。

 

頻度の高いスポーツ

 

疾走型、跳躍型のスポーツでの発生が多い。
陸上のトラック種目、バスケットボール、バレーボール等。
ですが、競技に限らず硬いグラウンドや舗装道路での過度のランニングに発生が多いです。

 

シンスプリントを起こす因子

 

身体的な要因もありますが、外的要因が大部分です。
練習場所・練習量・シューズの不適切があります。

posterior shin splintsの要因
・下腿後側の筋力低下
・内反尖足
・足関節の回内不安定性
・踵の外返し運動増
・下腿内反 他・・・・。

anterior shin splintsの要因
・前脛骨筋の筋力低下
・内反足
・靴のヒールの硬さ
・硬いグラウンド
・走る距離、速さ

 

症状

 

・下腿内側中下1/3部圧痛
・脛骨前面から外側部に圧痛
(前脛骨筋・長母趾伸筋に圧痛と緊張)
症状が軽い場合→運動時のみ
症状が重い場合→日常生活時

 

当院では

 

圧痛部位をから原因となる筋を特定します。(問診・触診・徒手検査)

エコーにより現在の状態を確認
骨膜の反応の有無
血流状態(カラードプラ)
疲労骨折の有無(シンスプリントから疲労骨折になります)

施術
症状により適正な施術をし、エコーで確認しながら可能な運動アドバイスをします。
痛みがない=完璧に競技復帰ではありません。
痛みがないからすぐ競技に完璧に復帰すると再発する恐れがあります。
治療しながらできる別メニューを提案します。
焦らず治しましょう!

シンスプリントやシンスプリントからの疲労骨折は日常の検査で予防できます。
エコー像では骨膜の肥厚等が認められます。
痛みを監督・コーチに言えなくて、騙し騙し練習を続け、骨折という最悪な事態にならないように、普段からケア&検査を行うのが大切です。
 
長軸画像です。
シンスプリントから疲労骨折になり、暫く放置し来院した方の画像です。
症状は軽減しスポーツも通常にできるようになりました。
このようになる前に対応したいので、気になる場合はお早目の来院をお勧めします










 

 

診療案内

交通事故 スポーツ診療
訪問診療 一般診療
骨盤・O脚矯正 保険外(実費)診療

 

PAGE TOP